読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花賞展望

 ソウルスターリング1強ないしはミヤビを含めた2強ムードかと言われる今年の桜花賞

天候曇の重馬場で各馬挑戦することになりそうだが、そんな中でソウルスターリングがどんな競馬をするのかが気になる。

結論からいえばソウルスターリング自身に重馬場経験はナシ。

アドマイヤミヤビには稍重経験がアリ。

馬体的な側面でいうと、一般的に骨量の多い馬が重馬場適正があるという話になるが、ミヤビは450kgくらいに見える馬体が、実質は480kgもあるというものだから、骨量ないしは筋量の充実度は否めない。

ソウルスターリングは、見た目にも大きく見えるが、骨量まで多いタイプなのかな、という部分では疑問点が残る。重馬場の影響を特に気にすることもなくゴールまでいくか、大きく影響を受けるのか、疑問の余地は残る。

 馬場と馬体面、今回は、アドマイヤミヤビに◎を打ちたいと思う。

 以降の印は以下の通り

 ○ ... ソウルスターリング

 △ ... ゴールドケープ

 ▲ ... ジューヌエコール